2019/01/16

2019.1.14 苗場山

5:00小赤沢除雪終了点 5:55三合目便所 6:50ダケカンバ林1650m
7:50猿面峰尾根1950m 8:50苗場山頂 10:45下山開始
11:35三合目便所 12:05除雪終了点

今季も苗場山には何度か通うことになろう。まずは日帰りで苗場詣で。
カイデ沢の横断箇所も問題なく、三合目からの沢ルートも不自由なく登高できるが、やはり雪は少ない。
大赤沢ルートから山頂への直登ルートを取るが、ヤブが頭を出していたり、雪面に穴が空いていたりの状況。いつもなら板を背負う山頂直下の急斜面も、つぼ足では踏み抜き多発となることが予想されたため、板を履いたまま登る。ガスで視界のない中、ヤブ樹氷で凹凸の著しい急斜面の隙間を縫い何度もターンを繰り返す。山頂まで最後の100mに40分程度を要す。
山頂に出ても周囲は真っ白。下山しようと坪場方面に進みだすと徐々に空が明るくなり始め、じきに青空が広がる。山頂台地上は快晴。しかし周囲の山々には雲がかかる独特の景色。平標Pとの交信も忘れて眺めに見とれる。それも束の間、再び苗場山もガスの中。

ダケカンバの台地を見下ろす

山頂付近に出ても真っ白



徐々にガスが切れ始める

山頂台地上は快晴に


やがて青空は隠れる


再びガスの中に

2019/01/15

2019.1.12 巻機山山スキー

メンバー:HT KK
コース:井戸尾根
レポート:KK

心の山巻機山はいつも優しい
今日は、会員のHTさんと初コラボ。HTさんはスプリットボード。お互い初めてなので手探りでいく。晴天が約束された一日。楽しんでいこうと思った。

どこがいいかと言われれば、雪の積もった巻機山がいい。大勢の登山者がいるかもしれないが、新年の挨拶をしに行かなければいけないだろう。4時30分。塩沢最終セブンで待ち合わせ。二人とも早く着いてしまった。国道脇から入山。群馬ナンバーの方が1名いるのみ。その方の板は、ポンツーン。案の定先行するも、早くも姿が見えなくなる速さだ。

井戸の壁は大方埋まり、下りも苦労なく降りられるだろう。スプリットの切り返しは、大変なようだ。5合目で明るくなり、国境稜線が少しずつ朝日に照らされ始めた。後方の谷川稜線が美しい。6合目。もう一つの象徴天狗岩が目の前に厳冬期の鎧を纏っていた。7合目。たおやかな尾根の繋がりにニセ巻が聳える。8合目下の急斜面は、一部氷化していたものの、概ね雪を拾って登ることができた。

9合目。おお!素晴らしい。この景色こそ越後だ。空気が澄んでいるせいか、いつもに増して優美な姿だ。シールのまま避難小屋へ。TUが訪れた時とさほど変わりのない様子だ。稜線に上がりきると、正面に越後三山が出迎えてくれた。何と美しい。山頂を踏み、もうちょっと足を延ばし、奥利根側を偵察。柄沢山から落ちる雪面が誘惑している。

山頂に戻り、シールを剥いでいよいよ滑降に入る。雪質は抜群、申し分ない条件だ。小屋に向かって一気に滑り落ちる。至福のひと時だ。小屋から登り返し、ニセ巻から井戸尾根を下る。滑沢の源頭をかすめ、尾根に戻り、そのまま7合目へ。余韻に浸って5合目へ。ブナの中のツリーラン。木々を縫って井戸の壁。山スキーの醍醐味を十分に味わい尽くす。林道を上を一気に国道まで。以外に入山者は少なく、静かな巻機山を楽しむことができた。


井戸の壁を踏ん張る
5合目から振り返る
稜線が白んできた
米子沢大滝はまだ開いている
マンダムな景色
何を思うかHTさん
あれがニセ巻です
ここを一気に滑るのです
穏やかな日
風がない
越後三山と牛ヶ岳
行けるだろうか
毎月巻機山もいいかも
〆は「ザーサイラーメン」
愛する店を憂う私です



2019/01/14

2019.1.14 平標山

メンバー KK、SH、TH、NI、ES(新人)、IH
火打峠発7:10 --- 8:30夫婦岳樺 --- 10:30国境稜線 --- 11:00平標山11:15~(滑降)~ 12:30火打峠着 

こんな穏やかな小正月はかつてあっただろうか?...それも連休中ずっと☀マーク!
連休にならない人も毎日天気なので休みには山を楽しめたことでしょう。
昨日は恒例のビーコン講習会。早速、本日の山行でスタートチェックを実践した。
準備万端!...と、始めは4人だったこの計画だが、県連行事の下見を別に計画していたKKとSHが合流して賑やかな6人パーティとなった。
そして、本日のメインイベントというか、目的としたのが新人ESさんの歓迎山行だ。
それも初山スキーというチャレンジャーぶりである。期待の新人だ!!!
さあ出発。思ったほど積雪は少ない。閑静な別荘地に小鳥が囀り、こうして山を歩いていることに幸せを感じながら歩く。
他パーティにはスノーシューもワカンも持たないツボ足登山者もいたが、しっかりしたトレースがありこれなら大丈夫だろう。ヤカイ沢に入っても雪は少なく籔が濃い。
誰が付けたか夫婦岳樺の脇を通り過ぎ、徐々に斜度はきつくなる。
見事な三本の岳樺(親子岳樺と命名?)の下で一服し、いよいよブナ樹林帯の急登だ。ジグを切り高度を稼ぐ。新人ESさんも余裕の笑顔でしっかり付いてくる。
30分程で稜線。遠く浅間山は滑ってみたくなる山容だ。おぉー!富士山も見えたゾ!!
急で痩せた稜線は左の灌木帯へ逃れると登りやすい。さぁ、国境稜線も近い!
再び稜線沿い登ると、夏道の尾根に登山者が見える。そしてその尾根との間には国境稜線から素晴らしいバーンが沢へと落ち込んでいる。可能なら今日はここを滑ることにした。
国境稜線で一服し山頂を目指す。
稜線は時折り青空の下とても暖かく春山を彷彿させる。真白き山巓はすぐそこだ。
...山頂はガスの中だった。記念写真を撮りすぐに滑降へ。
いざ!...カイカーン!!! あっという沢へ滑降ポイントにつく。
THさん尻込みするも、KKさんの「はちゃっ!」と豪快に滑り降りOKの合図を出すと果敢にターンを繰り返し滑り降りた。新人ESさんも初めての山スキーを見事に乗りこなしている?!
あまり下に降り過ぎず、途中から夏道尾根を目指し、尾根沿いに籔の薄そうな樹林を縫って滑る。
表面がクラスト化したところもありスキーを取られ転倒者続出!足もパンパン!もうだめぇ~!!
傾斜が緩くなり林道に出れば、あとはトレース滑降で締めくくる。
今日も全員楽しく無事に下山完了!...平標山よありがとう。また来るぜ!

夫婦岳樺

岳樺の枝の下で休憩

稜線に上がれば美しい山並み

灌木帯の登り

霧氷が美しい(苗場山は雲の中)

稜線漫歩

初山スキーとは思えぬ強さ!

「私と山とどっちがキレイ?」「...」

「うんまげなパンだな、俺にもくれ」「ほれ」

いざ山頂へ!

青空と白き山巓

ガスの中で全員集合

いざ!

ひゃっほー!

...籔キライ! ...籔スキ! 人それぞれ。

林道まで快適な斜面が続く

2019/01/06

2019.1.6 刈羽黒姫山

参加者:KK、IH

続けざまに2回目の投稿です!
1/2にKKさん&TMさんが行った刈羽黒姫山にどーしても行きたくて、年末年始休暇の最終日に向かいました。
午後0時、蓬のKKさんに山行連絡をして、冬山をナメていると言われても仕方のないような時間に、まだ除雪されていた磯之辺集落を出発。
除雪されてなければ向かわなかったかなぁ。
田んぼの雪原を一人ラッセル。1/4はTUさんにラッセルを任せっぱなしだったが今日は自分しかいない。黙々とラッセル!
基本的には先日のKKさん達と同じように夏道沿いに進む。
登山道下部はヤセ尾根でブッシュも出ていて歩きづらいがブナ林に入れば楽しいラッセルトレーニングだ。
ちょうど2時間で鵜川神社に到着。
雪も強くなってきたので今日はここまでとし、神社の傍で簡単な食事を済ませ滑降準備を整える。
と、そこに「おーい!」と突然に姿を現したのはKKさんだった。
出発前の連絡からすぐに蓬平を出て追いかけてきてくれたのだ。
流石!おだまきの強者だ。
「シール貼り直しも訓練だぞ!」と私を山頂へと誘う。
なんと雪はやみブナ林は美しい雪化粧だ。
よし!とシールを貼り直して山頂へ向けて出発。
会話が弾み仲間との山登りはやっぱり楽しい。
ほどなく山頂。雄叫びをあげ登頂を祝う。
小屋前でシールを外し、いよいよスキー天国の始まりだ!
天国と言っても階段を登るのでなく、底の底まで滑落していくのだ!
カイカーン!
激パウ斜面はなんの抵抗もなく、思うがままに滑り落ちて行ける。
KKさんの滑りはやっぱり素晴らしい!
どんな急斜面でも、どんな籔でも、雪煙を上げながら落ちていく。
あっという間に底の底まで落ちて、あとは余韻に浸りながら車道を滑り降りるのみ。
午後3時10分、磯之辺に到着。
たかだか3時間10分という短い時間でも、越後の山は楽しませてくれる。今日も感謝の登山でした。
ありがとう、刈羽黒姫山!

磯之辺までの除雪も時間の問題

黒姫神社に安全祈願!

バージンロードへ!

隠れきれない田んぼ

無雪期の登山口

幻想的なブナの森

幻想的な鵜川神社

Mr.KK登場!


山頂のMr.KK

ブナ林の白き花


華麗なるMr.KK ... いざ、天国へ!

激パウのブナ林滑降

余韻に浸る車道の滑降