2018/06/18

2018.6.17 高妻山

メンバー:TH(M)TM TH(o)HT TM KH KK
コース:戸隠牧場~一不動
タイム:戸隠牧場6:40~一不動8:20~五地蔵9:35~高妻山11:55~牧場16:25
レポート:KK

秀麗な姿の高妻山

貴重な花を見に行こうと、TMさんの誘いに応えて、THさんが計画した山行に乗っかった。前日の雨から一転、空は澄み最高の山登り天気になった。高妻山は、入会したての頃登り、今回は30年ぶりの再訪となった。当時は、まだ若くてぴちぴちしていた青年だったわけだ。 

戸隠Cの駐車場に着くと、なんと満車状態。何とか2台分のスペースを確保したが、はたしてこの車の人達は、いったいどこにいったのか。まさか皆さん高妻山ではと疑ってみたが、実際そのようであった。牧場を抜け、遥か遠い記憶を辿っても、当時のことを全然思い出すことはできなかった。荒れた沢沿いの登山道をおしゃべりしながら登る。

滑滝の脇を鎖にぶら下がりながら上がり、岸壁をトラバース。そのようなことがあったなあ。氷清水で喉を潤せば、一不動の避難小屋に到着。もうかなりの満足感。さあ、いよいよここからがお花ロードと試練の始まりである。幾多のアップダウンを繰り返し五地蔵に着いた。北アルプス、富士山、妙高山など眺望がきいて、疲れた体には良い薬となる。しかし、目指す高妻山はまだ果てしなく遠く、一同沈黙する。

さらに試練は続き、最後は稜線までの一気登りである。その頃になると、下山する方多数で、あの駐車場状態が納得された。ガレタ道を喘ぎ、喘ぎ、最後は倒れるように稜線に出る。沢から吹きあがる風が心地良い。山頂はその先で、思わずやったーと言わずにはいられない達成感。まさに360度の大展望で、日本百名山に相応しい。

昼食を摂り、満足感に浸って、このままここで眠りにつきたい衝動を抑え、私たちは来た道を戻らなくてはいけない。途中藪に頭から突っ込んでいくTMさんを先頭に、途切れがちな話題を拾って、ひたすら下り、そして登る。一不動の避難小屋で気合を入れ直し、目指すは牧場。牛はまだか、牛はまだかと呪文のように心で唱え、何とか最後まで歩き通すことができた。





いざ出発







ガスが上がり始め、テンションも上がる







ここを思い出したのは、田中陽希の日本百名山だったか








一不動の避難小屋
ここは記憶にあった





稜線上から槍ヶ岳~穂高連峰







頚城 焼山~火打山








妙高山
こちら側からあまり見ることがなく、新鮮である





ようし、あこまでがんばろう!







やったぜ!山頂








白馬岳
大雪渓雪は沢山ありそうだ






雨飾山







長い道を引き返す

2018/06/04

2018.6.3 小倉尾根~銀の道周回

メンバー:TH SH(W)  KK
タイム:駒の湯5:15~小倉山8:00~明神峠10:30~駒の湯12:30

残雪と新緑 越後の山である

山歴~年の二人は、まだ小倉尾根を登ったことがなく、それではということで、銀の道を回る周回コースをとった。会の中でもおしゃべり好き3人なので、退屈せず楽しい一日になることであろう。

気温が高くなる前に尾根を登ろうと、4時に十日町出発。駒の湯橋の駐車スペースには、車が7~8台。おそらく皆さん泊りだろう。枝折峠に続く国道はまだ開いていないので、静かな山が期待できる。

吊橋を渡りスタート。いつものように近況など勝手に喋り捲り、気が付けば右手に越後駒ヶ岳が、木々の間から見え隠れする。休憩は長く取らず、こまめに休み休み登れば、鎖場のある急登に差し掛かる。目指す小倉山、尾根の向こうに荒沢岳が見え、俄然ファイトがわく。一気に登りきれば小倉山山頂。少し下って雪渓の上で休憩。駒ヶ岳がド~ンと眼前に!いつ見ても駒はいい!

下山する方たちを横目に、世間話に花を咲かせ一路明神峠を目指す。尾根は先ごろまで雪が残っていたのだろう、カタクリやイワウチワなどが咲きほこっていた。所々残る雪の上を歩きながら、振り返れば駒ヶ岳、中ノ岳、右手に荒沢岳の雄姿。多少のアップダウンの後明神峠の社に着く。安全を祈願して銀の道へ。

銀の道は、昨日春が来たように花のロードであった。良く踏まれた古の道を下る。道は無理がなく、かつて銀山平から荷を背負い行き来した様子が感じられた。多くなブナ林を抜け、草が多くなった頃1合目に到着。7時間ほどの山行であったが、疲れはさほど感じなかった。温泉に入るか、ラーメンを食うかを協議し結果、我々は一路車を走らせ六日町に向かった。




ネットが張ってあった







青空と駒ヶ岳








いよいよ小倉山だ







霞んできた荒沢岳








THさんの大好きな
ツバメオモト




泊りの登山者が降りてくる








振り返る







所どころ雪渓有







春の花が随所にある







明神峠






左手に郡界尾根








銀の道は快適






今日の〆
「四川風麻婆麺」
山椒が効いていた














2018/06/02

2018.6.1-2 刈羽黒姫山

メンバー:NI KK
コース:磯之辺~避難小屋泊り

お月様と一緒に朝を迎える

定年を過ぎたNIさんは、「グレートトラバース田中陽希」ばりに全国?の避難小屋を泊まり歩くという野望を持っているらしい。その記念すべき第1号避難小屋泊りを御膝元「刈羽黒姫山」にした。この続きはいつになるか分からないが、まずは第1歩を歩み出す。

仕事を終え、急いで市村宅に行き、出発。時間は6時になろうとしていた。コンビニで夕食を買い、磯之辺集落へ。キャンプ場に着くと、何と車が1台。この時間にあるということは、まさかの泊りの登山者ありか。へ~、まさかねえ。避難小屋では泊まれず、鵜川神社かなあ、と早くも不安。

山は次第に暗くなり、久し振りのヘッデンだ。すると、8合目辺りで下山する方。お~、この時間に降りるのか。しかし、泊りは我々だけとなり一安心。山頂まで1時間弱。見上げる空には、たくさんの星が瞬いていた。柏崎や高柳のネオンが眼下に見える。気温は次第に下がり、憧れの小屋に入る。酒を酌み交わし、1小屋目に乾杯する。特製スパゲテイーを食べて就寝。

いつもの習慣で4時に起床。祠の前で湯を沸かし、コーヒーを頂く。そうこうしているうちに守門の左肩辺りから日が昇る。ウ~ン、マンダムだ。泊まった甲斐があった。朝食を食べ下山。ブナ林が日頃の疲れを癒やしてくれる。なかなか勇気を持って泊まろうという気になれないだろう黒姫の小屋に泊まれて感激だ。さあ、仕事に行こう!





いざ、出発だ
この荷物。縦走?





やりました!








波がうねる様な景色








朝と共に鳥がさえずるが、名前がちっともわからない








モーニングコーヒー








御来光です







記念すべき小屋
過去に誰か泊まったか






気持ち良い下り








黒姫山を楽しむ会
立派な道標



2018/05/27

2018.5.26 奈良沢ブサノ裏沢山スキー

メンバー:KK
タイム:桜沢5:30~ニセ巻機7:50~巻機山8:35~牛ヶ岳8:50~滑降開始9:10
            ~枝沢出合9:25~登山道10:20~桜坂13:20


越後三山 素敵な山域に私たちは住んでいる
前夜の地震で暫く寝付くことができず、3時起床が4時になってしまった。出遅れ感あり。この時期4時だと薄明るくなっており、何となく焦ってしまう。桜坂の駐車場には、既に10台位の車。みんな早い。

久々にスキーをザックに括り付けて登りだ。足元は使い慣れた足袋。足袋最高!いいペースで進み、途中多少の雪はあったものの、巻機山山頂まで3時間で這い上がった。せっかくなので、途中ザックをデポして牛ヶ岳まで足を延ばし、TUさんが辿った遥か藪縦走路を眺める。大変だったろう。

デポ地に戻り滑降の準備をする。以前来たときは6月中旬あたり。雪渓は後退して、登山道からかなり下まで降りたが、今日は5歩位で取付くことができた。ブサノ裏沢はずっと下まで雪が繋がっているようだ。屈折した先は見えないが。さあ、いざ出発。縦溝のデコボコを避けつつ下っていく。途中凍っている筋にスキーを取られそうになるが、概ねナイスザラメだ。

雪渓が屈折している箇所から下を覗く。結構斜面がきつく、これを滑ると登り返しが大変だ。しかし、その先も見てみたいという衝動に駆られ、沢が出ている所までと思い滑り込む。小沢同志の出合で下を覗くと、滝が出ており、その先は奈良沢本流まで雪が繋がっていた。諦めもつきここで終了。おおよそ1,600m位まで下がった。

シールを付けてとも思ったが、つぼ足で直登を試みる。遥か稜線上に登山者が見える。頑張ろう。見上げる稜線は遥か遠い。喘ぎつつ1時間余りで登山道到着。計画では、巻機山山頂から米子沢に下り、ニセ巻登り返しだったが、雪も切れ切れで断念した。

そしてここからが試練の連続だ。下るごとにスキーのテール部分が岩や土に当り、まことに歩きずらいこと夥しい。後向きで降りること度々。軽装のお姉さん方に追い越される始末。やっとで桜坂に着く。

今シーズンは不本意だった。行きたいところも行けず、他の人の山行を羨む日々だった。今年は節目の年であり、来シーズンに向けて体調を維持していこうと決心しながらラーメンをすすった。





来季こそはヌクビ沢から







来季こそは茂倉谷から








早く真っ白になってくれ







巻機山
中央は雪が繋がっているが
登山者の視線を受けて止めた







水芭蕉は可憐だ







遥かなる縦走路










割引岳






真ん中の雪渓を滑る








清らかな水が迸っていた







柄沢山
おお!まだ滑れるぞ!
どうやって行くんだ!






登り返しを開始








登山道が近くなってきた






華麗?シュプールが見えるか








お姉さんの後に続く







「ピリ辛冷やし肉つけ麺」