2021/03/07

2021.3.7 蓬峠山スキー

メンバー:TH SH(W) SH(M) KK

コース:土樽

レポート:KK


切り取られた絶景の向こうに天使を見た


あの時から何年


今季絶好調のH家。特にTHさんの躍動は、他の追随を許さないのではないか。週末、日曜日、祝日、有給をフルに使い、山を駆けめぐっている。当然下山後の昼食は外食となり、定番のラーメン、ご当地のグルメまで。それなしに山行は締めくくれない。山の楽しみとともに、食の楽しみもまた尽きることなく続くのである。

行きたい山、場所はたくさんあり、どこに行くか迷うところである。今日は、因縁の蓬峠に決まった。昨夜の雨は、山では雪に変わっていただろう。どんな景色が待っているか。蓬林道の除雪終了点には、数台の車。霜をかぶった車両もあり、前泊でどこかに登っているのだろうか。

雪は十分で、例年スキーを脱がなければならない箇所も、楽に渡ることができた。左手に足拍子山が見えてくると、俄然モチベーションも上がる。後続の個人の方と東俣沢出合までご一緒。武能岳に向かうそうだ。我々はいつもの尾根。うっすら積もった新雪の下がクラストしており、クトーを装着。木々の枝に着いた霧氷が、キラキラと輝きとても眩い。

右手の武能岳西尾根が、青空に向かって背を伸ばしている。大きなブナの中をゆっくり登る。森林限界を越えると、辺りの景色が大きく広がった。空はどこまでも青く、山はどこまでも白い。幸せの瞬間である。立ち止まっていると寒いので、稜線に向かってジグを切りながら。小さな雪庇を乗り越えると、今度は正面に、頂上を天に突きさすように立つ大源太山。その向こうに巻機山山塊が連なっていた。

稜線に沿って国境稜線まで足を延ばそうと思ったが、風が強く、斜面もカリカリなのでここで終了とした。雪の穴を掘り、その中で風を避けて休憩。切り取った雪面の先に展開する絶景は、さながら一枚の写真のようである。贅沢な風景である。

そして下山。幾分硬い雪面であったが、自分たちの技術でもなんとかなった。始めのオープンバーン。下るにつれ大きなブナの間をぬうツリーラン。楽しい!動画にはまるTHさんの要望に応えて滑りまくる。標高が下がっても、雪質は良い状態のまま残り、そのまま出合へ。満足だ。

その後は、緩くなった沢沿いと林道を滑り、車に到着。更にそのまま行きつけの店にまっしぐら。4人でテーブルを囲み、今日も至福の時を迎えた。


スタート

高波像

稜線に朝日

足拍子山

背後に仙ノ倉山

とっても気持ちいい尾根

一気に広がる

前泊の方
前日は雨だった


武能岳

一枚バーン

出ました

国境稜線

仲良く

ちょっとガリ

大きくターン

雪が緩む

広い尾根が続く

越後最高

ブナとともに

林道滑走

満足

大源太山と巻機山方面